抽象柄13
なぜ独修力か
抽象柄22

社会の変化

子供たちにとって

受験は避けては通れない直近の現実です

そして、何でもいいからいい高校に行けたほうが

将来の選択肢が広がると思われるかもしれません。

もちろん、詰め込みでも学ぶ力のつく

勘のいい子が一定数いることも確かです。

しかし多くの子供たちには

テストの点数が取れるだけでは

太刀打ちできない社会という現実が

待っています

さらにAIをはじめ第4次産業革命といわれる

産業構造の変化、
グローバル化、寿命100年など

私達を取り巻く環境は

想像の範囲を超えて

速く大きく変化しています。

人がやっていた作業をAIが自動化すれば

必要でなくなる職種が増えます。

寿命が伸びれば

一生の間に業界をこえ職種をこえ

複数の職業につくことも多くなり、

70歳以降も仕事をすることが増えるでしょう。

何度でも学び直し

​自分を変化させる必要があります。

理屈では割り切れない世の中、

1ランク上の高校に行くために、

​勉強への拭い去れない嫌悪感を植えつけられ、

生きていく力の育成が阻害されたら

​本末転倒ではないか。

そもそも一人一人個性があり、

学力は個性を測る1つの尺度にすぎません。

難関校、難関大学に行けなかったとしても、

​残るものが大切ではないだろうか?

 

矛盾した社会システムの中でも

子供たちが将来幸せになるには?

将来への準備と受験への対応を

両立してあげられないか?

長年産業界の現場で揉まれてきた経験から

いい学校に行かせてあげたらあとは本人の問題、と

割り切ることもできず、

さまざまな疑問と矛盾を感じていました。

教育制度、入試の状況、

子供たちの様子などもふまえて

どんなことをしてあげればいいのだろう、

逆に何をし過ぎると過保護になるのだろう、
と試行錯誤をし続けてきました。

その結果、同じ勉強をするのでも

「どう勉強するか」が大事であると考えています。

つまり

「自分なりの独修力をみがく」
ということです。

独修力とは、
自分の意志で学ぶ力です。

人や本から知識を集めて整理し、
アウトプットしながら

継続的に学ぶ力です。

赤ちゃんが言葉を覚えるように

もともと誰もが持ち合わせている力です。

もともと持っている力を発揮することが

点数を取るためにも

将来のためにも大切です。

 

いつまでも誰かがそばで
教えてくれるわけではありません。

知識・情報を誰もが

手に入れられる時代だからこそ

自分で選び、決断し、学ぶ力

必要と考えます。


中学卒業までには学び方を学び

知識を自力で習得できるように

なってもらいたいと考えています

自分なりの学習スタイルを身につけ、

高校からは、自分の進路を自ら考え

自分の目標に向かって

自立型学習ができる。

​それは、受験の先にある

長い人生を豊かにするのではないかと考えています。

もっと知りたい

詳細資料や無料体験、面談のご希望、開催予定のイベント、2020年以降の教育制度の変更、その他の詳細情報についてご希望の場合は、こちらをご覧ください。