top of page
抽象柄31

子供達がイキイキと自立的に学べるようになるために周りの大人ができることはなんでしょうか?

それは、管理でもなく、放任でもない自立をうながす第三のアプローチです。

柴塾では、3つのポイントをふまえながら学ぶ技術を習得してもらう過程で、粘り強く一人一人をサポートしていきます。​

1.学びの段階ごとの
サポート

 

学びの段階(ステージ)は、個々の性格や勉強履歴によって異なります。ステージごとにやり方を変える必要があると考えています。

 

柴塾では独自に、学びにおける自立度(独修度)としてまとめ、指標としています。もちろんステージが上がれば当然点数も上がります。


 

ステージ1 指示されたことができない段階

 授業中に指示されたことができない子に無理やりやらせても、頭に入らず、単なる作業になってしまいます。身につかないどころか勉強嫌いにしてしまうことがあります。
 
 小学生クラスでは、興味を持ちやすくその中にも学びのある課題をやってもらっています。

 中学生でこの段階にいる子には、本来は別のアプローチがいいのですが、テストがあるため、最低限必要なことをやりながらサポートしていきます。勉強への嫌悪度などにより時間がかかることがありますが、根気強く声がけやフィードバックをしていきます。

ステージ2 指示されたことはできる段階

 指示されたことができる子には、必要な課題をやってもらいつつ、得意教科をつくるように促していきます。その能力は他の科目にも応用がきくためです。

 

 習慣化のために、テスト前の2週間はオンラインでサポートしたりもします。

 

 しかしずっとこの状態にしておくのはよくありません。"指示待ち人間"にならないよう、早い段階で次のステージに進むよう促していきます。

ステージ3  学習計画を立て、勉強をする段階

 効率的で効果的な学習計画の立て方やこの段階での勉強のしかたを教え、テスト対策の中で実践してもらいます。そして勉強する中で何が課題なのか自己分析をしてもらい、こちらからもフィードバックをする中で、この段階での学び方を習得してもらいます。

 この段階がきちんとできるようになると、個人差はありますが、5教科で400点から450点を取れるようになってきます。


 

ステージ4 教科書を読みながら、ポイントをおさえて勉強ができる段階

 ステージ3までは、力技でのガリ勉スタイルです。もちろん、ガリ勉でもトップ校へいけますが、高校に入って内容が高度になり、勉強量が増えるとなかなか大変です。

 

 そこで、ステージ3の学び方ができるようになってきたら、ステージ4の学びへ促します。

 教科書の読み方、書かれている情報のまとめ方、ポイントのつかみ方などを学んでもらいます。この段階では、スポーツや楽器の演奏などと同様に「脱力」つまり頑張りすぎないことがテーマになります。

 

 この段階をクリアできると、ステージ3の学び方と同じ勉強時間で高い点数が取れるようになります。

ステージ5以降

 

 独修度はステージ10まであります。多くの子は、中学卒業までにステージ3までできるようになれば十分ですが、意欲のある子にはステージ5以降の学びにもチャレンジしてもらっています。

 

 例えば、量子力学を学びながら中学で学ぶ物理や化学を全体としてとらえる、とか、英語のペーパーバックを読み、英語で小説を書いたり、高校の世界史を学びながら、中学の歴史を概観してとらえるといった子もいます。

 

 実際にそういう勉強をしている子がトップ校になればなるほどいるのです。

 

 興味のある子はぜひ、問題集を解くだけの勉強、点数を追い求めるだけの勉強に満足せず、一緒に深く学んでいきましょう。

中学クラス

IMG_0694.PNG
IMG_0577.jpeg
抽象柄21
2.個々に
学習戦略を立てる

 

 自立した学び手になる上で必要なことの2つ目は、学習戦略を立てることです。

 

 学習戦略とは、優先順位をつけ、中長期で何をどの順番でやるか、というものです。そして、もっとも重要なことは何をやらないかを決めることです。

 

 子供達それぞれに得意科目、不得意科目があります。習熟度も違いますし、目指す高校も違います。また、スイッチの入るタイミングも違います。同じ学習戦略では最大の成果を得ることはできません。

 しかし、長期的な視点で学習戦略を立てるのは中学生には難しいものです。自分を分析することも、受験の全貌を知ることも、どんな教材があるかを知ることも、戦略策定の方法について学ぶこともできないためです。

 

 そこで柴塾では、一人一人に対して、その子の今の状況をふまえて学習戦略を立ててあげ、それを説明し、今集中すべきことを提案するようにしています。

 

 長期的な学習戦略は大人が立ててあげ、短期的な学習計画は自分で立てて実行する、というようにしてサポートしていきます。

IMG_2084.JPG
JPEG画像-42AD-BF17-72-0_edited.jpg
3.習熟度別課題

 

 柴塾は集団形式ですが、​テーマによっては皆で同じ課題をやりますが、テーマによっては習熟度に合わせた課題を出してやってもらっています。その際、ちょっと背伸びすれば手が届くくらいの課題をやってもらいます。場合によっては、小学校の内容に戻って課題を出すこともあります。

 多くの子が小学校であれほど苦戦する分数の通分も、中学生になってから教えると、どんな子でもあっという間に理解してできるようになります。やる気がなかった時にはあれほど理解できなかった方程式の利用問題もあっさり理解して、できるようになるのです。

 一人一人部活に燃える時期や、友達との関係で落ち込む時期、勉強にやる気が出る時期、脳が発達する時期などが違います。単元の好き嫌いもあります。それにより習熟度にも変化が出ます。日々の様子を見ながら調整していきます。

JPEG画像-4DFF-8BB7-B6-0_edited.jpg
IMG_0531.jpeg
学びのステージ
習熟度
学習戦略
bottom of page