ジリキコース

小学6年生クラス

自ら学ぶ楽しさ、仕組みを考える思考力を

 

小学校4、5年生くらいから算数に苦手意識を感じる子が増えてきます。さらに中学校の数学は、文字などの抽象的な構造を扱う学問です。内容がイメージしづらくなり、わかりにくくなります。思考力が必要な問題も増えます。
 

一般には、勉強を教えてもらうというと、ドリルを解き、わからない場合はヒントを出してもらったり、解き方を教えてもらうというスタイルが多いことでしょう。しかし、出会った問題を解く手続きを知ることはできても、わかったつもりになったり、少しひねった問題に対応できないということもあります。また、初めてみる問題へ取り組む思考力は身につきにくいと考えます。

柴塾では、勉強が本格的になる中学を前に、思考力をつけてもらうことを目的に、小学6年生向けのクラスを設けております。

 

本や図鑑を使って自分の好きなテーマを探求する中で、情報を収集し整理すること、そして、疑問を掘り下げることで探究心と読解力を養ってもらいます。

 

本を読んで恐竜と鳥の類似点や相違点をまとめ、進化について思いをはせる子もいれば、宇宙エレベーターのしくみについて調べる子もいます。プラスチックゴミについて調べたり、世界の5大宗教について調べる子もいます。誰かが調べたことについて、ひとしきりワイワイ会話をすることも楽しさの一つです。そんな時の子供達の眼はキラキラしています。

また、小学校6年間の算数に秘められた数字のおもしろさ、計算や概念の背景を学んでもらいます。計算方法などの答えを導く手続きをひたすら練習するのではなく、どうしたらその答えになるのか、なぜその解き方なのか、もっと簡単に解ける方法はないかなど、解き方や理由を考えてもらいます。例えば、「三角形や台形の面積を求める公式がなぜ成り立つのか」、「円周率ってそもそも何?」「1から100までの和を簡単に求める方法は何か」など、特に答えが1つに決まらない課題にチャレンジしてもらいます。

皆でワイワイと試行錯誤しながら、解き方を思いついた時のパァっと輝く子供達の表情は何度見てもいいものです。率先して黒板に解き方を書いて説明をしてくれます。友達に説明をすることで、自分が本当にわかっているのか、わかったつもりになっているだけなのかに気づくことができます。さらに、自分の考えを説明するスキルが身につきます。


わけもわからないまま大量の問題演習をすることに疑問を感じる子に特にオススメです。

 

見学や体験が可能です。ご興味のある方は下記よりお申し込みください。

詳細資料や無料体験、面談のご希望、開催予定のイベント、2020年以降の教育制度の変更、その他の詳細情報についてご希望の場合は、こちらをご覧ください。

住所

〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-12-35若宮大路ビル3F(鎌倉駅から徒歩4分)

電話番号

0467-95-7501

鎌倉市にある独修力をみがく柴塾

© 2019 Shibajuku All Rights Reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_SOCIAL_Square
  • logo_symbol_GreenOnWhite